ヘルペスという再発が多いことで知られている病気があります。この厄介なヘルペスに効果が期待できるのが、バルトレックスという治療薬です。では、バルトレックスには具体的にどのような効果があって、それと引き換えにどのような副作用が懸念されるのでしょうか?

考える女性とウィルス
  • ホーム
  • クラミジアの感染経路・症状・治療方法について

クラミジアの感染経路・症状・治療方法について

クラミジアは日本一感染者数が多いとされる性病です。
その感染経路のほとんど性行為です。
例外として妊娠中の女性が感染した場合な母子感染のリスクがあります。
クラミジアは原因菌のクラミジア・トラコマチスに感染することによって発症します。
クラミジア・トラコマチスは空気中では存在できないため空気感染することはなく、感染経路は粘膜が接触する性行為以外は考えられないのです。

感染者が性行為を行った場合、50%と高確率で感染します。
クラミジアは感染しても症状が出ないことがあり、無自覚の感染者が多い病気です。
そのため、感染者が最も多くなっています。
また、症状が出たとしても潜伏期間があり、症状が現れるまでに1~3週間ほどかかるため、感染に気が付かず性行為を行い感染させてしまうリスクもあります。

クラミジアは男性、女性それぞれ症状が違いますが、放置してしまうと男女共に不妊症になるリスクがあるため注意が必要です。
男性の場合感染すると菌は性器から尿道に感染し、その後尿道の奥の前立腺や精巣上体(副睾丸)にも感染します。
副睾丸の両方に感染してしまうと不妊症になる恐れがあります。
主に男性に現れる症状は、性器から膿が出ることや、排尿時の痛みやかゆみ、残尿感、頻尿睾丸の腫れや痛み、下腹部痛、発熱、悪寒などです。

女性が感染すると、クラミジアの菌は性器から子宮頸管に感染し治療せずにいると、子宮内膜や卵管、骨盤腹膜、肝周囲の順に感染していきます。
発症するとおりもの量が増えるなどの変化が出ることや性器の臭いがきつくなることがあります。
その他の症状は、不正出血性交時の痛み下や腹部痛、生理痛のような痛み、上腹部痛、発熱、悪寒、吐き気などです。

女性はおりものの状態に注意しておくようにすると良いでしょう。
おりものは子宮を細菌から守る働きがありますが、クラミジアに感染すると菌が侵入しないようにおりものの量が増えます。
早い段階で気が付くほど感染拡大のリスクが低くなります。

クラミジア治療で一番使われている薬のジスロマック

症状がでず無自覚の感染者も多いクラミジアですが、感染に気が付いたら早めに病院で治療をうけることが大切です。
現在クラミジアの治療で一番使われているのはジスロマックというマクロライド系の抗生物質です。
マクロライド系の抗生物質は副作用が少なく、妊娠中の方や子供にも使用できます。

ジスロマックを使用した治療期間の目安は完治まで3~4週間程度です。
この期間は菌が死滅するために必要な期間で、薬を飲むのは1回で済みます。
薬の服用後、3~4週間後に病院で検査を受けてクラミジアの原因菌が死滅したことを確認して完治となります。

ここで注意しておきたいのは薬を飲んだから安心と安易に考え服用後の検査を受けないことです。
ジスロマックは現在クラミジアに対して最も効果がある薬ではありますが、ジスロマックの成分に対して耐性を持った菌もいます。
耐性を持っている菌に感染すると、薬の効果が低く完全に菌を死滅させることができていない場合があります。
その場合はテトラサイクリン系やニューキノロン系などの抗生物質を使用して治療をします。
マクロライド系以外の抗生物質は妊娠中の服用ができないため、病院を受診する際には必ず妊娠していることを伝えましょう。

菌が死滅していなければ症状が再発することもありますし、症状が落ち着ているからと性行為をしてしまうと感染を広げてしまうことにもなるのです。
感染が分かった場合は治療を受け完治してことを確認するまでは性行為を控えましょう。

ジスロマックは副作用の少ない薬ではありますが、どんな薬でも副作用が出ることがあります。
軽度の発疹、頭痛、めまい、消化器障害などが出る可能性や体質によっては強い副作用が出てしまう場合もあります。
症状がひどい場合はすぐに医師に相談しましょう。

関連記事