ヘルペスという再発が多いことで知られている病気があります。この厄介なヘルペスに効果が期待できるのが、バルトレックスという治療薬です。では、バルトレックスには具体的にどのような効果があって、それと引き換えにどのような副作用が懸念されるのでしょうか?

考える女性とウィルス
  • ホーム
  • ゾビラックスの正しい飲み方と副作用

ゾビラックスの正しい飲み方と副作用

ゾビラックスは有効成分アシクロビルによってヘルペスの症状を抑えてくれる薬です。
ゾビラックスは様々な種類の薬があり、経口薬の他に軟膏や眼軟膏、クリームなどの外用薬、注射、点滴剤などがあります。
種類によって効果のある病気は異なり、ヘルペスの治療では経口薬や外用薬が使用されます。
ヘルペスは初感染して発症した時は症状が重症化する特徴があり、初感染の時は経口薬が有効です。
外用薬はドラッグストアなどでも市販されていて、2回目以降の発症は軽度な症状が多く、その場合は外用薬でも症状を抑えることができます。

ヘルペスの治療で経口薬として使用する場合の飲み方は、5日間1日に5回程度服用します。
きちんと決められた服用回数を守ることが治療では大切ですが、アシクロビルの吸収率により服用回数が多いので、飲み忘れのないように注意が必要です。
初感染の場合は1~2週間、2回目以降は症状が軽度で済むことが多いため、その場合は1週間程度で症状を抑えることができます。

ヘルペスの原因であるヘルペスウイルスを完全に死滅させる治療法は現代の医療では見つかっていません。
そのため、ヘルペスはいかに症状を早く抑えるかが大切なのですが、再発したときは兆候を感じた段階で早めに薬を服用することが理想です。
6時間以内、遅くとも24時間以内の服用が必須とされています。

早ければ早いほど薬の効果を十分に得られます。
患部がムズムズするような再発する兆しを感じた時点で服用することで症状の発症を抑えることもできるため、再発の兆しは見逃さないようにすることが大切です。

どのような薬も副作用のリスクはありますが、ゾビラックスは薬の中では副作用の軽いものです。
頭痛や眠気、吐き気や下痢などの消火器系の症状、発疹、かゆみ、むくみやめまいなどが確認されている副作用です。
このような症状は決められた用法、用量を守っていればあまり気にする必要はありません。
しかし、過剰な摂取などにより重症化してしまう危険があるため決められた飲み方を守るようにしましょう。

ゾビラックスの入手方法は処方か通販

ヘルペスは再発の可能性が高い病気です。
早期に薬を使用することで症状を早めに、最小限の状態で抑えることができます。
初期症状は患部がムズムズ、チクチクするなどが特徴です。
薬は外用薬であればドラッグストアでも購入できますが、それ以外は病院での処方です。

初感染は症状が重いものが多いため病院の受診をおすすめしますが、2回目以降の再発には個人輸入代行の通販を利用して薬を常備しておくのも良いでしょう。
ヘルペスは初期症状の内に服用を始める事でゾビラックスの高い効果が期待できるものです。
発症から薬を飲むまでに時間が経ってしまうほど、効果は薄れていきます。

このように服用までの時間を考えると、病院での処方を待つ場合、飲むまで時間がかかってしまいます。
病院では常備を目的とした処方は行ってもらえません。
そんな時に、通販であれば、症状が出ていないときに買っておくことができるので、早期にゾビラックスの服用を開始できるのがメリットです。
「個人輸入代行」などという言葉だと、手続きが複雑そうと思う方もいるでしょう。
しかし、普通の通販と購入までの手続きは変わらないことがほとんどです。

ヘルペス再発のきっかけは免疫力の低下や日常生活でのストレスなどです。
このようなことをきっかけに、体内に潜んでいたヘルペスウイルスが活性化し再び症状が現れてしまうのです。
免疫力を高めるように睡眠を十分にとり、栄養バランスの良い食事を摂るなどして再発を防ぐことも大切ですが、発症した場合のために薬を常備しておくのも有効です。

早期に症状を抑えることで他の人への感染のリスクを低くすることができます。
利用する上で注意するのは、海外からの輸入となるため送料などの手数料が高額なサイトもあるため、初めて利用する場合は商品代金以外の金額などもきちんと確認するようにしましょう。
また、決められた飲み方を守り、万が一副作用が出てしまった時には、医師に相談することも大切です。

関連記事